ケフィアに含まれる栄養素

ケフィアに豊富に含まれている栄養素として知られているのが、“美容のビタミン”といわれるビタミンB1、B2、B6、B12、葉酸などのビタミンB群。さらに、カルシウムは、乳酸と結びついて、より吸収されやすい形になっています。これら、ケフィアに含まれる主な栄養素の特長を調べてみました。

ケフィアに含まれる栄養素

【ビタミンB2】
「ビタミンB2」は、“美容のビタミン”とも呼ばれるビタミンです。体がだるい、食事が美味しくない、そんな方にオススメです。もちろん美容にも。

ケフィアやヨーグルトなどの発酵乳のほか、レバーや卵にも豊富に含まれています。

【ビタミンB6】
「ビタミンB6」は、他のビタミンBと同様、“女性のためのビタミン”とも呼ばれています。美容トラブル・寒さに弱い・ストレス感じやすい方にオススメです。

ケフィアのほかには、いちご、レモンなどの果物、ピーマン、トマト、じゃがいもなどに豊富に含まれています。

【ビタミンB12】
「ビタミンB12」は、「赤いビタミン」とも呼ばれ、実際にコバルトを含んでいるため、結晶自体も赤い色をしているそうです。受験生や働きざかりの方にオススメです。

オススメ食材は、肉やレバー、魚類、貝類、そしてヨーグルトやケフィア、牛乳などの乳製品です。

【葉酸】
「葉酸」もビタミンB群の一つで、とくに妊娠中や授乳期の女性の方は積極的に摂るようにしましょう。美容トラブルやふらつきやすい女性にオススメです。

ヨーグルトやケフィアのほかには、枝豆、アスパラガス、ほうれん草、オクラなどがオススメです。

【ビタミンA】
「ビタミンA」は、そのまま摂るのではなく、「βカロテン(βカロチン)」から摂取するのが一般的とされています。美容トラブルや寒さに弱い方にオススメです。

ケフィアには、ヨーグルトよりも多く含まれているそうです。そのほか、うなぎ、レバー、卵、ニンジン、かぼちゃ、トマトなどに多く含まれています。

【乳酸カルシウム】
「カルシウム」は、丈夫な体を作るために欠かせないミネラルですが、一般的に、人体には吸収されにくい成分とされています。しかし、牛乳に含まれるカルシウムは、量的にリンとのバランスも良く、吸収されやすいようになっているそうです。

ケフィアでは、そのカルシウムを乳酸発酵させることで、乳酸とカルシウムを結びつけ、さらに吸収されやすい「乳酸カルシウム」という形にしています。そのため、より効率的にカルシウムを摂取することができるというわけです。育ちざかりのお子様からお年寄りまで丈夫な体づくりのためにお摂りください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました