ヨーグルトとケフィアの違い

ヨーグルトとケフィアは、見た目は似ていても、中身は全く違うものです。

ヨーグルトとケフィアは、見た目は似ていても、中身は全く違うものです。共通しているのは、牛乳を使って発酵させるという製法だけといっていいでしょう。

では、どこが違うのかというと、ヨーグルトが2~3種類の乳酸菌による単独発酵によってつくられる乳酸発酵食品であるのに対し、ケフィアは乳酸菌と酵母の共生発酵によってできるアルコール発酵乳であるという点です。

また、含まれる微生物の種類も大きく異なります。ヨーグルトに含まれる微生物は2~3種類ですが、ケフィアには、乳酸菌、酵母菌などたくさんの微生物が含まれているといわれています。これらの微生物が共生しながら、安定した関係を保っているのもケフィアの特長です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました